痔の神

庶民信仰と本性寺

秋山自雲功雄霊神

 略して「痔の神」「痔病神」ともいわれています。
疾病平癒の霊験あらたな神として、現在もなお多くの人々の信仰が寄せられています。

 かつては、摂家・二条斉信(左大臣)や、諸候(のちに華族となる)、幕末の剣豪・北辰一刀流の千葉周作なども厚い信仰を寄せたといわれています。
「秋山自雲」というのは岡田孫右衛門という人の法号です。

 孫左衛門は摂津国川辺郡小浜村(兵庫県)に生まれ、もとの名を善兵衛といいました。
14歳のとき、江戸霊厳島(現在の東京中央区新川周辺)の酒問屋・岡田孫右衛門方に奉公をし、のちにこの養子となって孫右衛門と名を改めました。
三十八歳のとき、悪質な痔疾にかかり、いろいろ治療したのですが何の効果もなく、ついに髪をおろして本性寺の題目堂に籠(こも)り、懺悔滅罪(ざんげめつざい)の唱題修行に専念しました。
しかし、全治に至らず、四十五歳で示寂(じじゃく)しました。

 孫右衛門は臨終に際して「自分の死後、痔疾に苦しむ人が一心に題目を唱(とな)えたらならば、必ずこれを守護し、平癒させると誓願をたて、これによって孫右衛門が本性寺に葬(ほうむ)られてから、古い友人の一人が痔疾を患(わずら)い、孫右衛門の誓願を思い出して祈念したところ、二か月ほどで快癒したといいます。
以来人びとが孫右衛門の墓や題目堂に参詣して、痔疾平癒の祈願をするようになったといわれています。

 そののち、故郷の小浜村本妙寺(兵庫県)と京都東漸寺に祀(まつ)られるようになり、痔の神として信仰されるようになりました。
最近の信者には女性も多く、年に一度だけ、授(さず)けられた「妙符」をのみ、毎日おこたらずに祈念し、満願のおり再発防止の祈りを籠(こ)めてお礼を奉納する仕来(しきた)りとなっています。